--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-12

ショートスリーパーへの道 アイマスク

ショートスリーパーというのをご存じだろうか。
短い時間でも健康的に生きていける人達らしい。
その真偽はともかく、数時間しか眠らなかったという偉人は結構多い。
睡眠時間を短くして、時間を有効に使えたということだろう。
しかし別に、睡眠時間を短くしようとは思わない。

何故なら、既に私の睡眠時間は短いのだ・・・。。。
有効に使えているかといわれると、使えていないのだが。

5時間半以上は寝ないと寿命が縮むとの実験結果を聞いたことがある。
私のはそれ以上に短いことが多い。

だが、恐らくショートスリーパーではないだろう。
このままでは不健康という恐ろしい病気になると予想できる。
というわけで、ショートスリーパーになろう、というわけではないのだが効率的に寝る方法を模索した。


短く寝て疲れを取るためには、熟睡することが大事らしい。
熟睡するにはどうすればいいか。
寝る前に飯を食わないとか、寝る前に強い光を浴びないとかあるみたいだが、正直どっちも辛い。

そこで、注目したのはまぶた。思うに人間のまぶたは薄すぎる。
目をつぶっていても、外の明かりが漏れる。
人間は真っ暗じゃないと、ちゃんと眠れないそうだ。
なので今回は、アイマスクを使用してみた。


一日目の夜、アイマスクをして寝る。
 ↓
一日目の朝、アイマスクをいつの間にかはずしてある(^^;


二日目の夜、アイマスクをして寝る。
 ↓
二日目の朝、アイマスクが行方不明(^^;


これは・・・駄目かと思って三日目。
ようやく朝まで付けれた。

その日は、五時間程度しか寝なかったが、一日中眠くはならなかった。
その後も毎日しているが、目の疲れが減った気がする。肩こりもなんだかいつものように酷くならなくなった。
これは、結構使えるかもしれんね。
本当は耳栓もするともっと良いらしい。
(アラームが聞こえなさそうでやってないが)

ただし、アイマスクをすることで困ったことも起きた。
寝ている間中真っ暗ということは、起きるまで熟睡しているということだ。
沢山寝た感じがするので、別に起きるのは辛くないのだが・・・
真夜中に突然起こされた気分を味わえる。

つまり、すごくぼーーーーーっとする。
酷い時は午前中いっぱい寝ぼけている。
人間は段階的に明るくなって、段々目が覚めてこないとスッキリ起きれない模様・・・。。。

これを回避するために、起きる一時間前にアイマスクを取ることにした。
それなりに効果が出たが、まだ寝ぼけは治らない。
寝ぼけを回避する方法はいまだ模索中。



ちなみに、アイマスクというと、すぐエロ!と発想する人がいるが、そんな人の方がエロ!
と、よくわからない まとめ方で締めておく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へたれ浪漫侍

  • Author:へたれ浪漫侍
  • ブリュンヒルドマーチ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。