--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-23

「地球が制止する日」を観てきた(ネタバレあり)

「地球が制止する日」を観てきた。
まあまあだけど、
キアヌ・リーブスにしてはわりと駄目だったなあ。

--------------
以下、ちょっとだけネタバレ。


なんというか、中途半端。
SFなんだと思うけど、説明が皆無。
伏線らしきものは色々あった気がするけど投げっぱなし。
結局何がなんだったかわからない。
(最初の雪山で遭難してたキアヌは誰?SF的な説明はゼロなど)

親子愛とエコとWe Can Change!が主題だったみたいな気もするが、中途半端だったのでよくわからず。
オバマを示唆したかったのか、We Can Changeをえらい連発してたが、正直日本人でもやりすぎでひいた。

そして子供の存在がわからん。
別にいなくても良かったと思う。話の邪魔であり、小憎たらしい。
家族愛よりも、異星(人)間の愛を描いた方が良かったんじゃないか?

ただ、なんか日本は結構でてきた。
主人公達が乗ってる車はホンダ車だし、日本人科学者も出てくる(台詞は一言だけ。英語版ギレンザビやってた人だって)。
「カラオケ館」とかっていう文字も写ってた。
あとプーチンとかあのローマ法王もご出演なさってますw
そういう何が写ってる、っていう探す楽しみはあった。

で、これの元になったらしい、1951年の映画があるということで調べてみた。
うーん、微妙にストーリーが違ってこっちの方が面白そう。。。
宇宙人に感情がありそうだし。
今思ったが、1951年版の方だとタイトルの意味もわかる気がする。
今回の版はタイトルと合ってない。


それとは全然関係なく、映画が始まる前にドラゴンボールの予告編が入ってて盛大に吹いたw
チュンリーの映画はまあまあいけそうな気がするが、
これは・・・一体。
かめはめ・・・?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へたれ浪漫侍

  • Author:へたれ浪漫侍
  • ブリュンヒルドマーチ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。