--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-30

(ネタバレあり)アイアムレジェンド見てきた

これは、SFではありません。
間違いなく、ホラーです。
いや、SFの要素もあるけど、ホラーです。


あ、こんにちわ。
飲み会の前に見てきた、I AM LEGENDについて書きます。
酔ってるせいか、結構ネタバレかもです。
今後観たい人は見ないでください。
よろしく。

 ↓
まず、この映画、基本的に怖い。

事前情報をほとんど見ずに、面白そうというだけで見に行ったのですが、本気で怖いです。

さすがにこの間見てきたバイオ3よりは、怖さがメインではないのですが、SFだと思って観にいった人は、恐怖で引きつるでしょうね。
実際に後ろのカップルは泣きそうな感じでした。

そんな感じなので、わりと迫力がある映像が多く、自分から闇に入っていくところは、もう何にも出てこないで!ここから逃げたい…、と観てる人にも思わせるシーンでした。正直、逃げたいと思いましたw
そして段々と語られていくのですが、襲ってくる奴らはほとんど○○○です。大量にいます。

しかも主人公は、誤った判断をしてしまうのですが、彼らは知能があります。仲間、恨み、という概念を持っているようです。
なので、同胞を殺す主人公を敵だと思うわけですね。



この辺は実は原作を紐解くとよくわかるようで、(まだ読んでませんが)原作のあらすじを見るとよく理解できました。
この原作、1954年に発表したというのですから、驚きです。
この内容で50年前に書かれ、○○○の元ネタになったというのですから、びっくりですね。すっかり原作を読みたい衝動にかられてしまいました。
ちなみに原作は、この映画とはラストが違うみたいなので、映画のラストになんか微妙に納得いかない私にとっては、良い小説かもです。

もうひとつよくわからないシーンがありまして、
全ては神のせいだ、となるところがあるのですが、どうもそれが納得いきません。
観ている人と同じ気持ちになったのか、主人公は強く否定していましたが、実際は…。
うーん、ここは一体何が言いたいのかよくわかりませんでした。誰か説明してほしいです。。。

でもその二点が気になった程度で、途中、泣きそうになるシーンもあり、迫力もあり、映画としては結構面白い内容だったと思います。




ただ、ホラーが嫌いな人は観ないでくださいねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へたれ浪漫侍

  • Author:へたれ浪漫侍
  • ブリュンヒルドマーチ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。