--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-11

5/11 【侍魂】 ダッシュAについて考えてみる

覇王のダッシュAはふるべきか、ふらざるべきか。
それが問題だ。







昔の私ならば確実にふるべき、と答えるだろう。


私はどちらかというと、相手の癖を知って闘うタイプ。
つまり、実は確反があるのに相手はガードしても反撃してこない。

・・・ならば(選択肢を織り交ぜて)沢山だしてやれw


というのが今までの闘い方だった。


まあだから蒲田とか言われるんですねw


剣術用語でいえば先の先、といったところか。




だがそうなると、初めての相手には弱い。


つまり相手の癖を戦闘中に見極めなければならなかったからだ。


ダッシュAをガード後、確実に斬り技を出してくる相手がいたとする。


すると、それを数度確かめてから、ダッシュAガードさせその後に弾きを入力していた。


だが、相手が毎回同じ動きをするか?
ダッシュAをガードした相手が確反を確実に狙ってきたらどうする?



ダッシュAの隙は最大10F。


リーチを考えると、先端当てでも最速ダッシュ崩しが間に合うかもしれない。


しかし、中斬り系もガードさせれば(弾キャンがあるが)、9F不利。


すると自ら技をふってはいけないことになる。


フレームを考えると、やはりサムライは待ちゲーになるということになるだろう。


誰にでも常に同じような強さを発揮するためには、フレームによる有利・不利を理解し、不利な技は極力自分からふらないで相手の技に対応する。


それが安定した強さの秘訣になるだろう。



剣術用語でいえば後の先、といったところか。



特にダッシュしなければならないので、強い牽制を持つキャラ、早い反撃技を持つキャラ・・・それらにはダッシュAは確実に有効とはいえない。



では有利・不利を考えるとまったく使えないか?



というとそうでもない部分もある。



出が早い癖に判定持続が7Fもあるので、相手の直前に置いておくと(感覚的な表現になるが)実にいやらしい。


(できるかはわからないが)後半をガードさせれば、その分不利Fは減ることになるだろう。


それに早い反撃技が無い相手の場合、とても重要な技となる。



また、ヒットさせた時は実は3F有利なので、こちらはまったく問題ない。
手を出そうとして途中で当たってくれた場合、攻撃判定持続の後半を当てることができるので、さらに有利Fは増えるだろう。



だが確実に潰してくる相手にはやはり使用用途を考えねばならない。



突き詰めれば自分から技は気軽にふれない。



しかし手軽な強さだけを求めるのならば、突然のダッシュAとダッシュ崩しの二択が有効な場合もある。まさしく蒲田・・・いや、クソゲーだが。



うーむ。



覇王のダッシュAはふるべきか、ふらざるべきか。
それが問題だ。




つまり、近きその場の強さを求めるか、遠き究極の強さを目指すか。
そこが問題なのである。




・・・と、なにやらとても考えさせられる夜だった。




ありがとう、ばんちょ。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


>>つまり、近きその場の強さを求めるか、遠き究極の強さを目指すか。
そこが問題なのである。

遠征することに縁の無い俺にとっては、逆に近くの勝利が一番大事というか、その場その場を楽しんでるというか。


全ての人に負けない戦いを目指すならそういうのを考えるのって大事だよね。

そういや犬龍杯の時に蝦夷勢は確反がアマいとの指摘を犬龍氏にされたなぁ。撹乱戦法をとる人が多いからなかなか身につかないのかもねぇ。

バナナ氏みたいな確反能力の高い人が最早現役に居なくて、お手本が無いというのも痛い。

>>しかし、中斬り系もガードさせれば(弾キャンがあるが)、9F不利。すると自ら技をふってはいけないことになる。

覇王丸のはちゃんと先端ガードさせとけば充分フォロー効くじゃない?ただ、その後に何をするのかが重要だけど。

蝦夷勢の傾向は、同じシチュエーションでは同じ事を繰り返すのが多めで、時々ズラす感じだね。

逆に犬龍氏は毎回確実に動きを変えて来るのが印象深かった。

へたれ氏はそろそろ立ちBから2C振るの止めてくれるかなと思ったら振ってくるし
SEQ氏はJABから頑なに2Aor2B振るし
神邪氏はリードしてる時にはほぼ、牽制>バックダッシュするし。

そろそろ選択肢替えてくるかな~と思ってズラすと逆に痛い目見る罠。お前ら頑固職人かと。


そんで、俺は蒲田で投げる側なので、相手が何をしてくるか決め付けて行動取ってます。
だから、牽制技一個振った後の動きを毎回変えてこられると、何もさせてもらえずに負けもあるね。最近の根氏とか。

そちらが安定行動だと思っている動きこそ、こっちの付け入る隙だと思って頑張ってます。

スラガードしても中斬りすら間に合ってねぇとか、ダッシュが出ね~とか、炎滅暴発とかやってる俺が相手で済まんが、剣サム出るまでは対戦頑張りましょう。

うわ、想像以上に長かったw
スマソorz

長文大歓迎♪

全ての人に負けない戦い方が必要なのは、遠征した時だけ・・・ってのが悲しいのですよねw
蝦夷だと蒲田の方が有利な気がしてなりません。
でも、どちらもできるよう練習していこうとオモテます。


覇王の遠立ち中斬りは意外に使いにくい面もあるんですわ。
シャルや炎邪にはみてから飛ばれるし、アイヌにはしゃがまれると当たらないし、届かないとあっさり大斬りくらいますし。
ガードされると確実に接近されますしね。
ギリギリの間合いで出すのも地味に大変w


頑固職人はまあ・・・安定させるには、安定技を出しておくのもしょうがないかと・・・。
犬龍さんのミナみたいに次々技を変えれる「技のデパート」だといいんですけどね。
まあそれでも毎回確反ださずに弾かれキャン対策とかはしているつもりですw


これからも対戦ヨロ~♪
プロフィール

へたれ浪漫侍

  • Author:へたれ浪漫侍
  • ブリュンヒルドマーチ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。